最近のトラックバック

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 足し算と引き算の問題を自動生成する Excel ファイル | トップページ | GMC-4 シミュレータ v1.30 リリース »

2009-10-15

「ローマ人の物語 - 最後の努力 -」 の読後

新潮文庫 / 塩野 七生

ローマ帝国の成り立ちから、成長の過程、繁栄、そして滅亡にいたるまでをつづった、スケールの大きな物語です。毎年秋に刊行される文庫版を買っていますが、長かったこの物語もそろそろ終幕。全盛を誇っていたローマ世界が終わりを迎え、キリスト教の支配する中世に入っていきます。このあたり、諸行無常の感性を持つ日本人がキュっとくるところかもしれません。

これを読むと、すべてのヨーロッパの国々がローマに起源を持ち、少なからぬあこがれを人々が感じてきたことがよく分かりますね。アジア圏に住む私にとってなじみのうすい価値観はこのあたりから生まれるのだろうかと一人納得しています。

« 足し算と引き算の問題を自動生成する Excel ファイル | トップページ | GMC-4 シミュレータ v1.30 リリース »

読後の感想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ローマ人の物語 - 最後の努力 -」 の読後:

« 足し算と引き算の問題を自動生成する Excel ファイル | トップページ | GMC-4 シミュレータ v1.30 リリース »