最近のトラックバック

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 「となり町戦争」 の読後 | トップページ | 「夜のピクニック」 の読後 »

2009-10-23

「太陽の塔」 の読後

新潮文庫 / 森見 登美彦

大学三回生の主人公。失恋した彼女のことがあきらめきれず、後を追って行動を記録する日々。失恋男と、彼をとりまくおかしな友人たちの物語。

やっていることはストーカーなのですが、そこにいやらしさを感じないのは、あまりに世間ずれしない主人公とその友人たちのおバカさ加減のおかげかもしれません (女性読者は別の感想を持ちそうですが)。大声で叫んでまぎらわしたいほど恥ずかしくて切ないのに、でもどこか甘いこの感情には、多くの男性諸氏が一度はふりまわされるものでしょうか。特に女っ気とは縁がない理系の学部や職場に籍を置いている人は、女性との接し方がまるで分からないこの物語の主人公にどっぷり感情移入することでしょう。彼女の誕生日プレゼントに、電動で手を振る招き猫を送って顰蹙を買うあたり、私もやりかねないなと苦笑してしまいました。でも正直なところ、このプレゼントの何が悪いのか、未だにわからないのです (さらに苦笑)。

古典名作の調子を真似た文体をところどころに配しているのはご愛嬌。歴史的なことがら以外で京都の風景を描写した小説を読んだのはこのところなかったので、そういった点でもずいぶんと楽しめました。

ところで最後のシーンは、失恋が決定的になるところと解するのが一般的なようですが、そこがきっかけでよりが戻ると期待するのは、主人公に思い入れてしまった読者のはかない希望でしょうか。

« 「となり町戦争」 の読後 | トップページ | 「夜のピクニック」 の読後 »

読後の感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「太陽の塔」 の読後:

« 「となり町戦争」 の読後 | トップページ | 「夜のピクニック」 の読後 »