最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「終末のフール」 の読後 | トップページ | GMC-4 シミュレータ v1.36 リリース »

2009-10-26

「きいろいゾウ」 の読後

小学館文庫 / 西 加奈子

都会からはなれて田舎暮らしを始めた若夫婦、ムコさんとツマ。自然と会話することができる多感なツマと、そんな彼女を暖かく見守るムコさんとの穏やかな日々。しかし、ある日突然ムコさんが東京に出ていき、ツマの心は大きく乱されて ..。

お互いの心を求めてやまないのに、それを結ぶ糸はいつ切れるかわからないほどか細く危うい。不安定で繊細なツマの心の動きを追っていると、はらはらさせられます。あまりに好人物すぎる二人の、今後の生活に幸多いことを祈ります。

この物語のおもしろさは、ツマと村の人や動物たちとのふれあいにあるでしょう。いくつか登場する動物たちのなかでも、私は犬のカンユさんが好きです。ネーミングセンスがすっとぼけていていいですし、ツマに話す「言葉」がなんともいい雰囲気を出しています。家の近所で、とぼけた顔をした犬を見たりすると、カンユさんみたいな「言葉」をしゃべっているのかなあと思ってちょっとおかしくなります。

« 「終末のフール」 の読後 | トップページ | GMC-4 シミュレータ v1.36 リリース »

読後の感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「きいろいゾウ」 の読後:

« 「終末のフール」 の読後 | トップページ | GMC-4 シミュレータ v1.36 リリース »