最近のトラックバック

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ

2011年4月の記事

2011-04-04

LLVM 導入覚書

LLVM (Low Level Virtual Machine) を導入するための覚書です。

Windows の Visual Studio でビルドする方法

CMake のサイトからインストーラ cmake-2.8.4-win32-x86.exe をダウンロードし、インストールします。C:\Program Files\Cmake 2.8\bin にパスを通しておきます。

LLVM のサイトからソースパッケージ llvm-2.8.tgz をダウンロードして展開します。

Visual Studio のコマンドラインプロンプトを開き、LLVM のソースパッケージを展開したディレクトリに入って以下のコマンドを実行します。

> mkdir build-msc
> cd build-msc
> cmake ..
> nmake

これで、build-msc\bin にツールの実行ファイル、build-msc\lib にライブラリファイルが生成されます。

テストをします (http://d.hatena.ne.jp/propella/20110224/p1 から拝借)。

; hello.ll
@hello = internal constant [13 x i8] c"hello, world\00"
declare i32 @puts(i8*)
define i32 @main() {
start:
  %0 = call i32 @puts(i8* getelementptr inbounds ([13 x i8]* @hello, i32 0, i32 0))
  ret i32 0
}
> llvm-as hello.ll
> lli hello.bc

2011-04-03

Gura プログラミング言語 v0.2.0 リリース

Bannermedium


Gura は、リストやイテレータで表される複数データを一度に処理できる暗黙的マッピングとメンバマッピングを特徴としたプログラミング言語です 。繰り返し構文でごりごりと書いていた内容を、巧妙な記述でシンプルにまとめる快感を味わえます。

ベータ版 v0.2.0 をリリースします。ダウンロード

Windows 用インストーラを作成しました。
拡張子 .gura および .guraw がそれぞれ実行ファイルに関連付けられます。

« 2011年3月 | トップページ