最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« Gura プログラミング言語 v0.2.0 リリース | トップページ

2011-04-04

LLVM 導入覚書

LLVM (Low Level Virtual Machine) を導入するための覚書です。

Windows の Visual Studio でビルドする方法

CMake のサイトからインストーラ cmake-2.8.4-win32-x86.exe をダウンロードし、インストールします。C:\Program Files\Cmake 2.8\bin にパスを通しておきます。

LLVM のサイトからソースパッケージ llvm-2.8.tgz をダウンロードして展開します。

Visual Studio のコマンドラインプロンプトを開き、LLVM のソースパッケージを展開したディレクトリに入って以下のコマンドを実行します。

> mkdir build-msc
> cd build-msc
> cmake ..
> nmake

これで、build-msc\bin にツールの実行ファイル、build-msc\lib にライブラリファイルが生成されます。

テストをします (http://d.hatena.ne.jp/propella/20110224/p1 から拝借)。

; hello.ll
@hello = internal constant [13 x i8] c"hello, world\00"
declare i32 @puts(i8*)
define i32 @main() {
start:
  %0 = call i32 @puts(i8* getelementptr inbounds ([13 x i8]* @hello, i32 0, i32 0))
  ret i32 0
}
> llvm-as hello.ll
> lli hello.bc

« Gura プログラミング言語 v0.2.0 リリース | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LLVM 導入覚書:

« Gura プログラミング言語 v0.2.0 リリース | トップページ