最近のトラックバック

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

Gura プログラミング言語の紹介

Banner_2

 

トップページ | ダウンロード | インストール | ギャラリー


Gura は、リストやイテレータで表される複数データを一度に処理できる 暗黙的マッピングメンバマッピング を特徴としたプログラミング言語です。繰り返し構文でごりごりと書いていた内容を、巧妙な記述でシンプルにまとめる快感を味わえます。

Gura は、コンピュータを便利に使うための機能をいろいろ持っています。 グラフィックイメージ処理GUI 操作HTTP アクセスデータベースアクセス・正規表現や CSV などのテキスト処理などなど。こういった機能でやりとりするデータを 暗黙的マッピングメンバマッピング が効果的に処理します。

Gura は、シンプルで容易に拡張できる文法を持っています。可変長引数や名前つき引数ブロック式 を使った柔軟な引数の受け渡し。さらに Quoted 値 を使って評価前の式を渡すようにすれば制御構文さえも自作できます。すでにあるクラスやインスタンスに対してダイナミックにメンバを追加することもできます。メタプログラミングの醍醐味をお楽しみください。

Gura は、マルチプラットフォームに対応しています。Windows 用に書いた Gura のプログラムはそのまま Linux でも動きますし、その逆も可能です。 インストール方法は こちら

Gura は、あなたの用途に応じて拡張できる言語です。足りない機能は C++ を使い、ネイティブで動くバイナリモジュールを作ってしまいましょう。これは、他の言語の類似の仕様を見てきたあなたが想像しているよりもずっと簡単なことなんです。具体的な作り方は こちら


さらに知りたい方のために

Gura の詳細な仕様は Gura 言語マニュアル をご覧ください。

Gura が提供する関数やクラスを知りたい場合は Gura ライブラリリファレンス をどうぞ。 説明文はまだ不十分ですが、どのような機能があるのか把握できると思います。

Gura のプログラムにインポートできる自作のバイナリモジュールを作成する手順を知りたい方は Gura 開発者向けマニュアル が参考になります。

ご意見・ご感想は、このページへのコメント、Gura 掲示板 または E-mail までよろしくお願いします。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546859/51187808

この記事へのトラックバック一覧です: Gura プログラミング言語の紹介:

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)